台風13号に伴う豪雨被害の救済の申し入れ、民青同盟の高等教育の負担軽減の署名提出

11日、台風13号に伴う集中豪雨被害の救済に関する申し入れを行いました。いわき市、南相馬市での豪雨被害に対する救済を求めるもの。いわき市での被害はひどく、現時点で、1名の死亡者、床上浸水1054棟と大きな義骸です。申し入れは、全容把握を急ぐこと、国に激甚指定を求めること。罹災証明の発行を急ぐこと、宅地の土砂被害も災害気味寿公費での処分を行うことなどを求めました。9日には、いわき・双葉地区と県議、いわき市議がいわき市に対して、災害ゴミの処分、罹災証明の則の発行などを求めて申し入れを行いました。

日本民主青年同盟福島県委員会が取り組んだ、高等教育の無償化求める800名を超える署名を議長に提出し、学費の軽減、奨学金の給付制などを県も議論し実現することを求めました。署名を集める中での対話は、「卒業時に480万もの奨学金返済という借金を背負うことになる」「家庭が経済的に苦しく大学進学をあきらめる青年がいる」などが出されたと、青年の実情などを訴えました。

9月県議会定例会開会、知事が議案説明

11日、9月県議会定例会が開会。内堀雅雄知事が議案の説明を行いました。冒頭、8日からの大雨によるいわき市、南相馬市の災害について報告。災害救助法による応急修理、災害廃棄物の処理、住家の被害認定調査を迅速に進め、復旧に取り組みと述べた。ALPS処理水については、「海に放出されていく様子などを複雑な思いで見守った、県民の皆さんの苦しみや葛藤に思いを馳せ」と述べた。県は海洋放出に、どうかかわったのか?当事者意識がないのではないか、と言いたい。岸田首相は、「全責任を持って対応すると約束した」と知事は言ったが、漁業者との約束を破り海洋放出に踏み切ったのは首相であり、「約束する」と言っても信用できないのは明らか。