常磐後援会が新春のつどい、歌やゲームで楽しみました

19日、常磐後援会の新春のつどい。冒頭後援会総会を行い役員体制の確認と年間業行事を決定しました。新春のつどい、芋煮会、餅つき大会など多彩な行事を多くの参加者を集め楽しく取り組んでいます。つどいは、熊谷地区委員長、宮川えみ子県議、とともにあいさつしました。熊谷地区委員は共産党28回大会から帰ってきたばかり、大会の様子や野党共闘で安倍政治を終わらせる年、総選挙での支援を訴えました。合唱、ビンゴなどで楽しみました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

内郷・好間後援会が議会報告会、水害問題で懇談

18日、内郷・好間後援会のつどいが開かれ、坂本康一市議とともに議会報告を行い懇談しました。参加者からは「側溝の水があふれ床下まで水が来た」など台風19号と豪雨による被害と対策について意見と質問が出されました。身近なところで様々な被害が多数あったことがわかりました。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

政調会2日目、高校統合の条例提出は許されない

16日、政調会2日目。保健福祉部、商工労働部、土木部、病院局、教育庁、警察本部。教育長は、2月議会に「福島県立高等学校条例の一部を改正する条例」を提出し、喜多方・喜多方東、小名浜・いわき海星の統合を統合校の位置や名称を決めるとのこと。いま統合校を対象にした懇談会は継続中で合意も得られていないにもかかわらず、また、喜多方市長は見直しを訴え、海星高校同窓会やPTAは合意を得るまで懇談会の継続を訴えています。そういう中での条例化は許されません。撤回しかない。
土木部は、河川改修は再度災害防止のために改良復旧事業を進めると言います。商工労働部は、ロボットテストフィールドの水槽の沈下は原因究明が必要を求めました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

政調会、来年度予算は1兆4千億円前後で調整

15日、今日と明日は政調会。今日は総務部、危機管理部、企画調整部(原子力損害対策、避難地域復興局、文化スポーツ局)、生活環境部、農林水産部、企業局。総務部は、新年度の予算は1兆4千億円前後とのこと。県内の景気回復は弱まっているにもかかわらず、県は、県内中小企業や県民の消費税の影響を検討せず「国が行うこと」という姿勢です。県は消費税増税の県内での影響を調査し必要な支援を行うべきです。また、原発廃炉の「中長期ロードマップ」が5度目の改定が行われました。使用済み燃料の取り出しが遅れるなどしますが、全体の廃炉工程には変更はないとしていますが、安全な作業、全体の工程管理を東電に求めるべきです。

政調会の休憩時に控室で宮川議員と
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

勿来・遠野後援会の新春のつどい、歌や寸劇で楽しみました

12日、勿来・遠野新春のつどいが行われました。歌や寸劇、ビンゴゲームで楽しみました。寸劇は「桜を見る会」、私はジャパンライフ社長役で「桜を見る会に招待されたおかげで儲けさせてもらいました」と悪徳ぶりを熱演(?)しました。熊谷智地区委員長(衆院福島5区予定候補)、宮川えみ子県議とともにあいさつをしました。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

団体訪問、いつも突然ですが快く懇談に応じてくれます

9日、熊谷地区委員長、宮川県議と私で団体訪問を行いました。いつも突然の訪問にもかかわらず快く応じてくれました。いわき商工会議所では小林裕明専務理事が対応してくれ、中小企業、環境などかみ合う懇談になりました。森林組合では田子英司組合長が再造林の県の支援制度などで懇談しました。電気事業協同組合、ウイングなどにも訪問しました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

県党旗びらき、新しい希望ある政治実現へ誓いあらたに!

8日、日本共産党福島県委員会、福島相馬地区委員会共催の旗びらきが行われ県議も参加あいさつを行いまいした。高橋千鶴子衆院議員が講演を行い、野党共闘で今年予想される総選挙で安倍政権を退陣させ、選挙勝利を誓いました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

夏井川水害被害調査、小川、平窪の被災地を視察

6日夏井川の水害被害調査を行いました。三川夏井川・好間川。新川水系水害対策促進を進める連絡会(準備会)が行ったもの。夏井川の被害のひどい小川町高萩の決壊場所は、川幅が狭いうえに河川敷に立木があり川の流れを阻害しています。小川町関場地域は決壊により水田、梨畑が土砂で埋まっています。営農再開にためには支援が必要です。平窪は富貴内、中島、寺内、大念仏地内の堤防の決壊・越水で住宅被害が甚大です。堤防は土のう袋による仮復旧ですが、一日も早い本格的な復旧が必要です。住民の方々の心配は尽きませんが、最大の心配はここに戻って大丈夫かということです。今後こうした被害に見舞われないかが心配といいます。住民目線で河川改修を進めるために専門家とも協力して安心して暮らせる地域にするために河川の改修等が必要です。

床上浸水で全壊状態のお宅
河川敷に巨木が、この周辺は住宅に水が流れ込みました。
水田に土砂と木の根っこが
決壊個所は土のうで応急措置、本格的な復旧が必要

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]