県漁連、全港湾、小名浜生協病院など団体訪問と当選証書授与

12日、宮川えみ子県議、熊谷智地区委員長とともに県漁連、全港湾、小名浜生協病院を訪問し県議選の報告と懇談。県漁連では、台風や豪雨で河川につながる港では土砂が堆積することやがれきなどが散乱し、漁船を傷つけことがある、また汚染水の海洋放出は、風評被害を拡大すること、例えばアニサキスなどの報道があるだけで福島の魚は売れなくなる、風評被害は想像以上であり、本格操業の努力を台無しにするとのこと。生協病院では、理事長、副理事長、専務理事らにあいさつ、新潟からきていた遠藤れい子新潟県議と偶然、ごあいさつ。その後、県合同庁舎で当選証書をいただきました。

県漁連での懇談
全港湾での懇談
生協病院では偶然遠藤れい子新潟県議とお会いしました
宮川県議とともに当選証書をいただきました
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

いわきで2議席、全県で5議席現有確保

10日、県議選投開票、宮川えみ子さんとの2議席を確保しました。少数激戦の大激戦の中、全国からの支援、地元の支持者、後援会員、党員の大奮闘で当選させていただきました。全県で5議席現有確保しました。これから4年間頑張ります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

被災者支援、災害から命、暮らし守る県政の実現訴える

県議選は一貫して災害から命と暮らしを守る県政時実現を訴えました。河川改修など住民の要望より大型開発を優先する県政を告発しその転換を訴えました。対話も進みました。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

福島県議選告示、定数10に12人立候補

10月31日、県議選告示。定数10に12人が立候補しました。少数激戦の選挙戦が始まりました。第一声、出陣式は内郷高坂町の吉田英策事務所前の駐車場で行いました。宮城県議選で激戦を勝ち抜いた福島かずえ宮城県議が駆けつけてくれました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

25日の豪雨により吉田えいさく事務所が床上浸水

10月25日の豪雨により吉田えいさく事務所は床上浸水。事務所で仕事をしていた2人は、胸まで水につかりながらも脱出。事務所はもちろん周辺地域に大きな被害をもたらしました。岩渕参院議員はいわきの被害調査の途中事務所に立ち寄ってくれました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]