流しソーメンで楽しいひととき

22日、日本共産党常磐方部後援会の流しそうめんのつどいに参加しました。時間を勘違いして遅れましたが、楽しい時間を過ごしました。流しソーメンは、ビニールの雨どいを使って、水とそうめんを流し、本格的な流しソーメンです。スイカ割など夏本番の楽しい行事でした。


日本共産党創立95周年記念講演会リアルタイム視聴会

19日、日本共産党創立95周年記念講演のリアルタイム視聴会がいわき市文化センター会議室で行われました。インターネットによる通信で視聴できます。志位和夫委員長が都議選と核兵器廃絶の国連会議について、不破哲三さんが日本共産党の95年についてそれぞれ1時間にわたり講演しました。その前には、都議選で当選した19人が紹介されました。

日本共産党は今、市民と野党共闘により安倍政権を倒し、国民のための開かれた政治の実現目指して頑張ります。


朝の街宣と東電会長の汚染水発言で知事申し入れ

18日、内郷の後援会の皆さんと朝の街宣を行いました。この日は朝から雨が降っていましたが、ちょうど陸橋の下が雨よけにもなり無事行えました。都議選結果、安倍政権の暴走政治、復興はくらし・生業の再生が第一、そして野党共闘で安倍政権を退陣に追い込もうと訴えました。後援会員の皆さんご苦労様でした。

街宣終了後、県庁に行き、知事への申し入れを行いました。東電の川村隆会長のトリチウム汚染水の海洋放出発言で厳重に抗議するとともに、県も抗議するよう知事に申し入れました。申し入れは、川村発言は断じて容認できず、東電に強く抗議すること。直ちに第2原発の廃炉を決断すること。小野危機管理部長が対応しました。


きょうは朝から草刈り作業

16日、今日は朝から草刈り作業です。高野生産森林組合の年3回の出役作業です。植林した苗木の周りの草刈りが仕事で、30人をこえる組合員が参加しました。場所は、三大明神の中腹、約1.3haの広さです。草刈り機を軽トラックに積んで出発しました。朝から好天気で汗が滝のように流れます。昼の弁当で、頂いたキュウリや梅干しが本当にうまかった。参加された皆さん、暑さの中本当にご苦労様でした。


薄磯海水浴場海開きと2ヵ所での「つどい」参加

15日、7年ぶりのいわき市薄磯海水浴場海開きに参加しました。津波被害と原発事故により海水浴場として使用できませんでしたが、関係者のみなさんの努力でオープンできました。この日のために砂浜の清掃を行いゴミを撤去したといいます。薄磯は砂浜もきれいで「鳴き砂」でも有名とのこと。いわき市民はもちろん、多くの方々に薄磯海水浴場に来てもらいたいものです。

海開き後、海まち・とよま周遊ツアーに参加しマイクロバスで高台の宅地造成地見学しました。避難生活が7年、地元を離れて住むと様々な事情で戻れない人が多いことは当然のことかもしれません。造成地に新築しようとする人は4分の1ぐらいだといいます。また、中田横穴古墳を見学しました。

海開きには高校生のフラガールがフラダンスを披露してくれました。
砂のお城をつくっているグループもありました。
中田横穴古墳の壁画。6世紀末に作られた横穴墓。1969年1月に発見されました。

午後からは、2ヵ所で日本共産党の支持者、後援会の方々と「つどい」を行いました。郷ヶ丘三丁目会館ではくまがい智さん、坂本康一市議と下高久根岸集落センターではくまがい智さん、渡辺博之市議と市政、県政、国政問題で懇談しました。

郷ヶ丘三丁目会館で行われた「つどい」
下高久根岸集落センターで行われた「つどい」

「水素社会はほんとうにエコでクリーンか」共産党県議団主催の学習会

13日、「水素社会はほんとうにエコでクリーンか」と際して、県議団主催の学習会が開かれました。講師は、環境ジャーナリストで「『水素社会』はなで問題か」の著者の小澤祥司さん。

水素は、最も小さく軽い元素で宇宙で最も豊富に存在するといいます。しかし、水素単体では存在せずに、何らかのエネルギー源から加工・変換しなければなりません(二次エネルギー)。二次エネルギーである電気から水の電気分解で水素をつくると水素は、「三次エネルギー」、その水素を変換した電気は「四次エネルギー」ということになります。この過程でエネルギーのロスが相当出ます。

再生可能エネルギーで水素をつくるとどうなるか?例えば太陽光発電でトヨタのミライ(燃料電池車)の水素をまかなうには、3kwのシステムを1か月以上稼働させる必要があるといいます。

また水素は、精製・運搬・貯蔵にも大きな課題があります。水素分子は極めて小さいため、密閉しても「分子のすき間」から漏れてしまう。液化水素にしてタンク輸送では、液化水素は損失が大きい。など課題は山積です。再生可能エネルギーで作った電気は、そのまま電気として使ったほうが、効率よくエコであることは間違いありません。

現在は、国や自治体の補助金で採算が取れるでしょうが、補助金がなくなれば自立した産業にはならないようです。まして、補助金の原資は国民の税金です。

水素社会は本当にエコでクリーンか、国民的、県民的な議論が必要です。

講師の小澤祥司先生


ララミュー20周年記念祝賀会

12日、いわきララミュー開館20周年記念祝賀会。正式にはいわき市観光物産センター、いわきの観光名所でありいつ行っても人でいっぱいです。しかし、東日本大震災では、津波により1階部分は壊滅状態、そこから関係者のみなさんの努力で復興させ現在に至るといいます。しかしまだ震災前の80%の回復ということ

今年1月には、東京足立区の日本共産党後援会の民さんがバス20台でいわきツアーの帰りに立ち寄ってくれました。そんな話で上遠野社長とも盛り上がりました。

 


いわき商工会議所創立50周年記念式典

7日、いわき商工会議所創立50周年記念式典に参加。地元の企業が切磋琢磨して信頼される営業を続けてきました。小野会頭は、あいさつで7つの記念プロジェクトを発表しました。その一つがいわき市中小企業・小規模企業振興基金の創設。中小企業・小規模企業の経営基盤の強化のため、総合的に支援する基金を官民連携で創設するというもの。地元企業のますますの発展をお祈りします。

アトラクションには、バンデゥーラ奏者のカテリーナ・グジーさんの歌を堪能しました。


議会最終日、宮本しづえ県議が討論、議長に全員協議会開催を申し入れ

5日、6月県議会定例会の最終日、宮本しづえ県議が県議団を代表して討論を行いました。県議団は一般会計補正予算案には賛成しながらも個人情報保護条例の一部を改正する条例や情報公開条例の一部を改正する条例には反対しました。個人情報保護については、国の個人情報保護法の改正で匿名情報の作成について、一部民間事業者への委託可能としており、情報の流出、漏洩が識者から問題視されており、反対しました。情報公開条例は、県民にとって非開示情報が拡大するのではないかという懸念を生じさせるとして反対しました。

http://www.jcp-fukushima-pref.jp/houkoku/2017/data/170705_01.pdf

討論する宮本県議
意見書採決で共産党と民進・県民連合が一致し起立しているところ
議会終了にあたり知事が会派を訪問しあいさつします。

6月議会最終日共産党県議団は、杉山議長に県議会全員協議会の早期開催を申し入れました。東京電力が体制を新たにし、会長、社長が本県を訪れた際、「第2原発の廃炉」を明言しないばかりか、双葉町の一部が避難解除されたかのような発言をするなど東電トップとしての見識が問われます。新体制にもとで国の関係者、東京電力を招致し原発事故への対応や賠償などについて県議会全員協議会を開催するよう求めたものです。

 


避難地域復興・創生対策特別委員会

3日、避難地域復興・創生対策特別委員会が行われました。今回で審議は「総括審議」となり実質的な審議を行う最後の機会。私は、来年3月で仮設・借り上げ住宅の供与が終了する楢葉町の戸別訪問の様子を質問しました。最後の一人まで寄り添う対応を求めました。また、避難地域の医療人材の確保、いわき市や南相馬市など近隣地域の医療提供体制への支援について質問しました。人材の確保は、医師は県立医大に依頼し、看護師の募集も行っているといいます。