街頭宣伝、県内事業所の突然の操業停止

内郷好間ブロック後援会の人たちと宣伝行動。宣伝カー2台繰り出し8ヶ所宣伝と600枚のチラシ配布。私は5ヶ所で「選挙区は増子輝彦さん、比例は共産党」を訴えました。

DSCN0524[1]

今日11日の朝刊1面に「京セラ棚倉工場の操業停止」の記事。来月末300人配置転換という。記事は、「ある社員によると、9日に行われた月1回の全体の朝礼で同社幹部が6月末で生産をストップする意向を発表した。中堅社員は、『いきなり重大な話をされても困る。と受け入れられなかった』」と報道。突然の操業停止は、従業員の将来を狂わせます。京セラに対し、従業員の暮らし、地域経済、取引企業の経営などを考慮し県、町は、事業継続を強く求めるべきです。

京セラ報道

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

森林資源の保全と有効活用(視察)と仮設住宅報告会、特別委員会

9日、県議会1期会の研修で会津地方に伺いCLT共同住宅、木質バイオマス発電所などを見学しました。CLT共同住宅は、湯川村の取り組みで三澤豊隆村長、小野澄雄村議会議長が出迎えてく、担当者から説明を受けました。住宅材として使えば工期の短縮、品質の安定性などのメリットがある反面在来工法と比べコスト高になるが普及すればコストも抑えることができるとのこと。

次は森林伐採と燃料チップ製造の㈱ノーリンと発電事業を行う株式会社グリーン発電会津のバイオマス発電所を視察。燃料は山林未利用材を使用しチップ化するため森林資源の有効活用になり、そして植林、伐採、チップに加工、発電と一つのサイクルとして取り組んでいるので資源循環型とのこと。発電は5,000KWで約1万世帯分の電気を作るとのこと。親子のノーリンの斎藤邦雄社長とグリーン発電の斎藤大輔社長に説明を受けました。

DSCN0503[1]

木質チップの材料になる山林未利用材のストックヤード

バイオマス発電所

バイオマス発電所全景

 

10日は、川内村の郡山若宮仮設住宅で県、政府交渉の報告会と午後から避難地域復興・創生対策特別委員会。(写真は仮設住宅での報告会)

SONY DSC
SONY DSC

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

三和地域宣伝行動と雇用促進住宅の要望を伺う

三和地域の宣伝行動を内郷・好間ブロックの支部、後援会の皆さんと行いました。宣伝カー2台で10カ所の宣伝を行い、「参院選挙の福島選挙区はましこ輝彦さんへ、比例区は日本共産党へ」と訴えました。作業の手を止めて聞いてくれる人や車から手を振ってくれる人など、反応の良い宣伝行動でした。お昼は、用意したおにぎりやタケノコの煮物でおいしい昼食でした。

午後からは、小名浜の雇用促進住宅で渡辺博之市議と地域の党支部長と一緒に入居者の方の要望を聞きました。移転先が決まるまでは退去を延長してほしい。その間は部屋の修繕は責任を持ってやってほしい。など意見が出されました。

DSCN0493[1]

DSCN0496[1]

雇用促進

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

除染作業社長と原発労働者の話を伺う

塩川鉄也衆院議員、おくだ智子参院比例予定候補そして渡辺博之いわき市議、伊東達也元県議らとともに除染作業を行う会社社長と原発労働者の方に話を聞きました。

社長は、「下請けで入っているが、下請けになるほどピンハネが大きくなる」「仕事がいつなくなるかわからない、除染後の作業を今から考えている」「従業員を大事にしている」など除染作業の実態と苦労などを聞かしてもらいました。

原発労働者は、「高線量の中で働いてきたが危険手当は支払われていない」「原発構内には高線量の場所がある。東電、元請けは労働者の健康管理行うべき」などと話し、労働者の待遇改善の必要を話してくれました。(写真は正面右から塩川鉄也衆院議員、渡辺博之市議市、吉田)

DSCN0475

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

金魚と若者世論調査

シラサギにやられたと思っていた池の金魚が4匹生きていました。石の下に隠れていたんですね。元気で泳いでいます。

DSCN0468

福島民報5日付に共同通信社の世論調査が、18,19歳の若者に聞いた。投票で政治に影響を与えることができる59%。憲法を変えるべきではない58%と半数を上回る。参院選投票に行くは56%。若者の声に応えたい。

DSCN0472

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

69回目の憲法記念日

今日は、69回目の憲法記念日。宣伝カーを繰り出し6か所で街頭宣伝。連休でもあり内郷、好間の団地で演説を行いました。移動中は流しテープでのスポット宣伝。

DSCN0451

午後は憲法問題学習会に参加。元大学准教授で弁護士の遠藤比呂通氏による「『日本国に憲法はあるんか』釜ヶ崎からの問いにどう応えるか」。

DSCN0454

今日の福島民報1面には「野党共闘6日にも調印」の記事。民進、共産、社民が現職の増子輝彦氏を統一候補として参院福島選挙区をたたかいというもの。立憲主義を取り戻し、戦争法廃止のために合意は大いに歓迎したい。

DSCN0452

1日に行われた小名浜地区労メーデーでは来賓に共産、民進、社民がそろって参加し来賓あいさつを行いました。(写真左から私、宮川えみ子県議、渡辺博之市議、社民党上壁充市議、社民党狩野光昭市議、民進党古市三久県議)

DSCN3269

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

小名浜地区労メーデー

小名浜地区労メーデーに昨日の前夜祭同様、私と宮川えみ子県議、渡辺博之いわき市議の3人で参加しました。来賓は政党では共産党のほかに社民党の上壁充いわき市議、狩野光昭いわき市議、民進党の古市三久県議。私は連帯あいさつで昨日同様、「戦争法廃止の世論は衰えるどころかますます盛り上がっている。野党共闘実現で自公を少数に追い込み戦争を廃止しよう」と訴えました。

集会後デモ行進を行い、終点の富ケ浦公園でバーベキューの慰労会。デモの指示や誘導、シュプレヒコールなど若い組合員が大奮闘でした。

IMG_0547[1]

デモ行進が終わって富ケ浦公園で慰労会

DSCN0448[1]

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

小名浜地区労メーデー前夜祭

小名浜地区労メーデー前夜祭に宮川えみ子県議、渡辺博之いわき市議とともに参加しました。明日1日はメーデー本番。5月1日メーデーのたたかう伝統をしっかり守る小名浜地区労です。来賓のあいさつをさせていただき、全国に広がる戦争法廃止の運動と野党共闘について話をさせていただきました。元地区労議長の松本顧問は、「民進、共産、社民の野党共闘統一候補で参院選を勝ち抜こう」と。

余興のギター演奏をしたのは、私が住む内郷高野町でギター教室を開いている高木勝美さん。さすがプロの演奏です。

写真は、左から宮川えみ子県議、渡辺博之いわき市議と私

DSCN3261

演奏する高木勝美さん

DSCN0447[1]

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

第45回いわき市消防団春季検閲式

第45回いわき市消防検閲式に参加しました。昨年までは団員として参加していましたが今回は県議で来賓として参加しました。行進する団員の姿を見ると市民の安全を守る消防団員としてたくましくもあり頼れる大きな存在だとあらためて感じました。

来賓では法務大臣の岩城光英氏が「法秩序を守る」という挨拶をしましたが、戦争法で立憲主義を壊したのは自民党、公明党など岩城氏本人です。夏の参院選挙は野党共闘を実現させ必ず勝ち抜かねばと思いました。

検閲式終了後は、地元5支団第1分団の慰労会に参加させてもらいました。

DSCN0427[1]

第5支団の雄姿

消防検閲

検閲式会場にて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

ポスター依頼張りで訪問

好間支部長と一緒に、ポスター掲示場所を増やすために、フェンスやブロックへの依頼で何軒か訪問し対話しました。民進党のポスターを張り出しているお宅に伺うと「野党共闘で参院選挙をたたかい自公勢力に打ち勝ちたい」と訪問を歓迎してくれました。与党のポスターを張っているお宅でも「自分はどの党だとかは気にしていない。頼まれたから」という返事。今日の行動では残念ながら張り出しを承諾してくれたところはありませんでしたが、広げていけると実感しました。

201600316_poster

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]