いわき市一周し新春街宣

1月2日新春街宣、宮川県議とともにいわき市を一周しました。まず、内郷高坂マルト前、常磐下湯長谷マルト前、ツルハドラッグ中岡店前、君が塚マルト前、そしていわき駅前。水害対策、桜を見る会の徹底究明、今年予想される解散総選挙での共産党と野党共闘の勝利、秋のいわき市議選の勝利など今年も住民に寄り添い全力で頑張る決意を述べました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

今年は命とくらしを守り、希望の年に!

2020年1月1日、我が家から見た初日の出です。昨年は、台風19号と豪雨により甚大な被害に見舞われました。「いのちとくらしを守る」というスローガンが文字通り現実味を帯び、大事な言葉になりました。今年は、野党共闘で安倍政権を退陣に追い込み、県政では県民の声が生きる、いのちとくらしを守る政治の実現に力を尽くします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

災害の年でしたが来年は希望の年に

12月31日、今年もあっという間の大晦日。県議選では県内外、そしていわきの多くのみなさんの奮闘で2期目を勝ち取らせてもらいました。いわきから2議席、全県で5議席、県民音声を届け実現するために全力を尽くします。台風被害も甚大でした。河川改修のために力を尽くします。私の住む内郷高野町も法面の崩れ、田んぼの土手の崩落など、災害対策は待ったなしです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

みんなで新しい県政をつくる会が井出副知事に申し入れ

12月26日、今日は終日県政報告作り。私は教育関係など担当。県内の高校統合に反対や中止を求める運動を地図で示すために作成。午後2時から、「みんなで新しい県政をつくる会」が井出副知事に申し入れを行う。県民の命とくらしを守る立場から、安倍政権に対して意見表明を行うことや抜本的な災害対策を進めることなど、大きく5項目にわたり申し入れる。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

12月県議会閉会、宮本しづえ県議が討論

12月25日、県議会は閉会。10時30分から議会運営委員会を開き、本会議最終日の議事運営の確認。本会議では宮本県議が討論を行いました。意見書採決で共産党が出した憲法第9条の改正に反対する意見書と請願について古市議員、高橋議員(ともに立憲民主党)紺野議員(社民党)は共産党とともに賛成。特別委員会の設置、議員派遣などを可決し16日間の議会が閉会しました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

総務委員会、消費税街宣、いわき市が台風19号被害対策で県に申し入れ

12月24日、常任委員会での議案採決。総務委員会は他の委員会が終了してから開催です。共産党が提出している憲法第9条の改正に反対する意見書と請願は、県民連合の古市議員(立憲民主党)が賛成に。また共産党提出の私学に対する運営費補助金の拡充を求める請願は、県民連合の議員(3人)が賛成してくれました。昼休みに福島まちなか広場付近で福島消費税をなくす会の消費税街宣。

午後はいわき市長はじめいわき市幹部が台風19号被害対策で知事と議長に申し入れを行い、いわき選出県議も同行。清水市長は浸水の場合浸水の高さで災害判定するのではなく実態で判定をと申し入れる。また農地の災害は来年の作付けに間に合う復旧を申し入れました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

いわき海星高校同窓会とPTAが県教委に申し入れ

12月23日、いわき海星高校の同窓会とPTAの代表が県教育長にいわき海星高校と小名浜高校の統合に向けた懇談会の継続開催を要望しました。県教委は、懇談会の打ち切りを示していましたが、県教育長は「引き続き話し合いの場を設けたい」と答えました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

常磐後援会で餅つき大会

12月21日、常磐後援会で餅つき大会が行われました。うすと杵で餅をつきあんこ、納豆、おろし、きな粉、お雑煮といろいろな餅が用意されました。日ごろから頑張っているみなさんが、歌や懇談で楽しみました。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

大橋さおり議員が初質問

12月18日、一般質問で初当選を果たした大橋さおり議員が質問しました。新人とは思わない堂々とした質問です。大橋さんは台風19号の被害と生活の再建について、避難所の環境改善について知事に質しました。避難所で温かい食事の提供できるように質すと知事はすでに提供しているとの答弁ですが、実態は、カップによる味噌汁で、いまだにパン、おにぎり、弁当が主になっています。避難所の環境の改善は急務です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]