いわき駅前で「共謀罪」反対の宣伝・署名行動

7日、日本共産党後援会の人たちによる「共謀罪」に反対する宣伝と署名行動。安倍首相は、オリンピック成功のために「共謀罪」が必要と強引に成立させようとしていますが、うそで国民をだまそうとしていることは明らか。「国民の内心は侵さない」といいますが、犯罪が起きていないのに「危険だ」と処罰しようとすれば、心の中をのぞき見ない限り不可能。内心、思想の自由を侵すことは明らか。「テロ対策のため必要」と言うが、日本はテロ対策の13の国際条約をすべて締結しており、「組織的犯罪防止条約」は学者や日弁連は、共謀罪をつくらなくても締結できると主張しています。何よりも「一般人は関係ありません」は、真っ赤なウソ。警察が怪しいと思えば、一般人ではなくなります。「一般人」と判断するのは警察です。自由と民主主義を真持ためにも、日本を戦争国家にしないためにも「共謀罪」には反対しましょう。

日本共産党後援会の人たちや渡辺博之市議、坂本康一市議とともに街頭から訴えました。
最後は、全員で「共謀罪」反対のスタンディングコール

こどもの日は東京見物

5日、こどもの日。連休にいわきに帰ってこない息子に会いに東京へ。朝6時14分発の高速バスで妻、娘の3人で出かけました。東京駅八重洲口で合流し、特別計画はなかったのですが、はとバスで1時間余りの東京見物。続いて浜離宮から浅草までの隅田川クルーズで楽しみました。

東京駅。レンガ造りの建物は東京ステーションホテルとしてJR東日本傘下の企業が経営している。
はとバスの中からの東京タワー。333メートルの電波塔。東京スカイツリーが出来ても大勢の観光客が集まっていました。1958年12月竣工と言いますから私と同世代。
豊洲新市場全景。汚染土壌や地下空間の問題で移転できずにひっそり。都民、国民の食をあずかる中央卸売市場、安心、安全が第一。豊洲への移転は断念すべき。
隅田川クルーズ、浜離宮から日の出桟橋そして浅草まで約40分の船の旅。14の橋をくぐります。これは勝鬨橋。現存する可動橋ですが、1980年に機械部への送電を止めており現在は可動はしないとのこと。
映画「男はつらいよ」寅さんでおなじみ、雷門。連休のせいもあり大勢の参拝者でした。
八重洲口にある福島県の観光交流館。多くの人が買い物をしていました。福島産を楽しんでいただき、福島の現状、たたかいを多くの人に知ってもらいたい。

いわき交通事故えん罪事件を支援する会

4日、国民救援会いわき支部の交通事故えん罪支援集会。通りかかった第1発見者が交通事故の加害者にされてしまう。なんとも恐ろしい。しかし加害者とされるAさんも、ご家族も無実を訴えており、状況から言っても無実は間違いないと思います。集会では「いわき交通事故えん罪事件を支援する会」を立ち上げ支援運動を強めます。


ミナセン浜通り結成準備会・憲法記念日講演会

 

3日、憲法記念日。いわき市文化センターで「ミナセン浜通り結成準備会・憲法記念日講演会」が開かれました。いよいよ福島5区でもミナセンが立ち上がります。呼びかけ人で事務局次長の広田次男弁護士が趣旨説明をおこない、ミナセン浜通り、通称「ミナハマ」と提案し、「総選挙で安倍政権を退陣させるため野党共闘を実現しよう」と訴えました。

続いて、「ポストアベ政治を展望する」と題してジャーナリストの脇正太郎氏が講演を行いました。


くまがい智さん先頭に街頭宣伝

2日、くまがい智さんの内郷行動。この日は内郷高野町の宣伝行動でした。内郷の支部、後援会の皆さんと高野町多目的集会所に集合し、3ヵ所で街頭宣伝を行いました。「共謀罪反対署名」をもって対話すると快く応じてくれたといいます。また、「共産党は何でも反対と思っていたが、こうして話してみるとそうでもなさそうだし、これからは応援するよ」と言う人もいたそうです。

 


第88回メーデーいわき市集会

5月1日、 第88回メーデーいわき市集会。「働くものと市民の団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」をメインスローガンに開かれました。能戸実行委員長のあいさつのあと、自由法曹団、いわき9条の会、原発事故の完全賠償をさせる会に続き日本共産党を代表してくまがい智5区予定候補が連帯のあいさつを行いました。新日本婦人の会いわき支部の「白波5人女」やプラカードコンクールが行われ、そして看護師の過酷な労働の実態が離されました。午後から降り出した雨のためパレードは中止になりました。

オープニングで歌う参加者


小名浜メーデー、デモ行進とバーベキュー

30日、小名浜メーデーに参加、小名浜横町公園で開かれました。日本共産党はくまがい智5区予定候補、宮川えみ子県議、坂本康一市議、吉田と4人で参加。くまがい智さんが代表してあいさつしました。社民党の代表(上壁充市議)、民進党の代表(古市三久県議)が挨拶。それぞれが北朝鮮問題では、アメリカや北朝鮮の挑発や軍事的威嚇を自制し平和的な解決を訴えていました。また共謀罪についても「戦争への道」「監視社会」など問題点を指摘し廃案を訴えました。集会後、花見が行われる小名浜富ヶ浦まで行進し、焼き肉、バーべキューをいただきました。参加者も家族連れ参加していてメーデーもバーベキューも楽しんでいました。


いわき市消防団第46回春季検閲式、規律訓練競技大会

29日、第46回いわき市消防団春季検閲式、規律訓練競技大会が好間多目的広場で行われました。県内最大規模を誇るいわき市消防団の検閲、そして7つの支団ごとの規律訓練競技大会が行われました。晴天のもと各支団ともきびきびした動きでした。私の所属していた第5支団は第3位で、第1分団の大越団が最優秀小隊長賞を受賞しました。おめでとうございます。


小名浜地区労メーデー前夜祭

28日、小名浜地区労のメーデー前夜祭にくまがい智5区予定候補、宮川えみ子県議、坂本康一市議とともに参加しました。安倍政権のもと長時間労働の容認、安保法制や共謀罪など戦争する国づくりに危機感をいだいていること、それへの反撃なしには労働者の権利も生活も守れないことははっきりしています。野党共闘で安倍政権の退陣を実現しましょう。共産党を代表してくまがい智5区世手尾候補が挨拶しました。

あいさつするくまがい智5区予定候補
右から坂本康一市議、くまがい智さん、宮川えみ子県議、吉田

福島県地方議員学習交流会議

27日、共産党の全県議員会議。福島県の地方議員は現在、62人。会議冒頭、先の選挙戦で大奮闘し、当選した湯川村の片桐英子さん、トップ当選した浪江町の馬場いさおさん、そして当選はしなかったものの大奮闘した郡山市議補選の斉藤のぼるさんが挨拶しました。会議は、午前は県委員長が報告し、震災原発事故から6年、安倍政権の「福島県民切り捨て」政治を転換するには、たたかってこそ局面が開かれること。「福島特別措置法」の一部改正は県民切り捨ての具体化施あり反対の立場を明確にすると報告。そして党勢拡大、読者拡大を訴えました。午後からは、宮本しづえ県議を講師に2018年度から始まる国保広域化についての学習会。社会保障制度として国が責任を持つこと、政府の社会保障費の自然増削減を許さず、安心できる制度にすることが求められます。

報告を聞く議員会議参加者