水害対策促進連絡会がいわき建設事務所と交渉

27日、「水害対策促進連絡会」は、いわき建設事務所と水害対策について交渉(意見交換)を行いました。堤防改修の考え方や現在行っている施工個所の工期、今後の代手などについて、説明を求めるとともに、会の考え方も述べました。工事の進捗状況については、県が作成するチラシを関係地域全戸に配布する予定とのこと。また新川の土砂掘削は、白水阿弥陀堂地域まで順次進めるといいます。会からは、工期の厳守と強固な堤防の建設を申し入れました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]