共産党県委員会、県議団が海洋放出断固反対で知事に申し入れ

19日、共産党福島県委員会と県議団は、内堀知事に原発汚染水の海洋放出に反対し、国に申し入れることを求めました。知事は「決定されれば意見を言う」「風評払拭に特効薬はない」などと明確な態度を表明していません。県内7割の市町村が意見書をあげており県民の反対の意思は明確です。知事も従うべきです。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]