夏井川・新川・好間川水害対策促進連絡会が水害現地調査と学習会

4日、夏井川・新川・好間川水害対策促進連絡会は、昨年の東日本豪雨により被災した平窪地域、小川地域などを視察、調査しました。今回は、元通産省職員、元長崎大学教授の石崎勝義さんにも同行してもらい、終了後石崎さんを講師に学習会を開きました。決壊個所の強固な堤防の修復と市街地は水面、市街地共のコンクリート張りの堤防が望ましいことなど決壊しにくい堤防の建設を訴えていました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]