仙台高裁で「生業裁判」判決、国・東電の責任認める

30日、仙台高裁で「生業裁判」の判決を言い渡し、原告側の勝訴! 裁判長は、国と東京電力は、津波を予見することができ、対策をとっていれば事故を回避することができたと判決を言い渡した。あまりにも当然の判決。国、東電は判決を真摯に受け止めてほしい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]