Jビレッジの原状回復という名の除染、徹底解明は県の責任

8日、芸人でありジャーナリストであるおしどりマコさんと馬奈木弁護士のJビレッジの「除染」にかかわる疑惑について話を聞きました。疑惑は、①Jビレッジの除染について福島県に情報公開を求めたことが東電に知れたのは個人情報公開条例違反になるとのこと。県は情報を東電に流したのか。②東電が行った原状回復工事は除染であり、労働者に必要な安全対策を行わなかったのは電離放射線障害防止規則にも違反するもの。③除染土壌の再生利用など認められるものではない。など解明すべき問題は多数。県の関与はどうなのかなど責任が問われる。まして除染殿再利用は県内で大問題になっていることであり、解明する責任もある。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]