臨時議会開催のための会議と社会保障推進協議会、民青同盟の申し入れ

4月30日、代表者会議、各派交渉会、議運がそれぞれ開かれ5月4日、5日の両日臨時議会を開くことを決める、本会議での質疑なし、討論なしで委員会審議のみ。
午後、福島県社会保障推進協議会の申し入れ、政府の社会保障解体政策が感染拡大を招いていると指摘、感染拡大を防ぐとともに医療機関と保健所機能を守ることなどを申し入れ。続いて、民青同盟福島県委員会が県内青年アンケートの結果をもとに青年・大学生の切実な実態を訴え、学費免除、生活支援などを申し入れ行いました。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]