遠野町の環境を守る友の会と住民有志が磐城森林管理署に三大明神風力発電事業に関し申し入れ

12月6日、遠野町の環境を守る友の会と下根本地区住民有志一同は、磐城森林管理署に(仮称)三大明神風力発電事業に関して、第26回関東森林管理局国有林野管理審議会(10月10日)の2号議案に対して、事実と異なる部分があることに加え、地域の状況・住民の懸念が全く反映されていない審議であったため、再審議を強く求める要望書を提出しました。これは、三大明神風力発電事業の建設で国有林を事業者に貸していいかどうか関東森林局が審議会に審議を求めたことに対してのものです。友の会は、①区長会の同意書が事実と異なる②自然水の沢水を使っていることに何ら配慮していない(公共水道がない)③8割を超える住民が建設中止を求めているのに一部の住民としている④土砂災害危険区域である⑤いわき市も福島県も住民合意が必要としている。として再審査を強く求めています。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]