国民の食糧と健康を守る福島県連絡会と福島県農民運動連絡会が知事に申し入れ

11月26日、国民の食糧と健康を守る福島県連絡会(食健連)と福島県農民運動連絡会(農民連)はそれぞれ知事申入れを行いました。食健連は、家族農業を守り、食料自給率の向上をめざし食料・農業政策の展開を求め、国連が推進する「家族農業の10年」を成功させる農政を確立し自給率の向上、農業を企業への明け渡す「農業・農協改革」をやめることなどを求めています。農民連は、台風19号被害に関する申し入れを行い、川の氾濫等による洪水被害を踏まえたきめ細かい支援策を求めました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]