内郷地区17ヵ所で街宣。くらし最優先の県政実現を訴える

20日、内郷地区で17回の街頭宣伝。台風18号の被害にあわれた方々にお見舞いを述べるとともに災害に強い街をつくる決意を述べました。河川改修や避難所施設の充実、県のお金の使い方を大型事業より暮らしや防災対策に切り替えることが必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]