9月議会最終日、討論おこなう

3日、9月議会最終日。私は知事提出議案と議員提出議案に対する討論を行いました。補正予算には賛成したものの、災害伝承館の料金設定、流域下水道条例、国家公務員宿舎に住む被災者を追い出すための裁判などに反対の立場で討論しました。また議員提出議案は、消費税率10%の撤回、合意のない高校統廃合は行わないこと、教職員の長時間過密労働の解消を求める意見書を可決するよう求めました。阿部議員は、2018年度の決算に不認定の立場で討論しました。また会議に先立ち神山議員が在職20年表彰を受賞しました。http://www.jcp-fukushima-pref.jp/houkoku/2019/data/191008_02.pdf

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

消費税率10%許さない、怒りの街頭宣伝。議会は宮川県議が総括質問

10月1日、安倍政権消費税率10%へ強行。庶民を無視した増税対策で国民のくらしなどどうでもいいという態度は許せない。逆進性の高い消費税でなく、大企業富裕層に応分の負担を求めるべき。福島駅前で怒りの抗議の宣伝。県議団、福島の消費税なくす会、各界連絡会、岩渕友参院議員、大橋さおりさんと。

議会は総括審査会。宮川えみ子県議は3番目。原発汚染水問題、三大明神風力発電、県立高校統廃合問題など取り上げ当局を追及。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]