風力発電を考えるいわき市民の交流会、住民合意のない計画は中止を!

25日、いわきを変えるぞ市民の会主催の大規模風力発電を考えるいわき市民の交流会に参加しました。パネリストは、東山広幸さん(遠野町の環境を考える友の会)、碇川寛さん(小川町)、橋本孝一さん(福島高専名誉教授)、古市三久さん(県議)、狩野光昭さん(市議)、佐藤和良さん(市議)など。碇川さんは小川は豪雨による災害を経験、開発は保水力を低下させ災害につながると。東山さんは、入遠野地区は2つの風力事業が進んでいる、低周波音、土石流の危険、飲料水の枯渇などが不安、住民署名に取り組むが住民が知らないうちに区長が同意を提出、撤回させる取り組みもおこなっている。橋本さんは、土砂流出など大規模開発の問題点がある。地域住民に受け入れられる計画・運営と地域運営協議会が必要。
私は、自然エネルギーの推進は必要なこと。しかし住民合意と地域の選定(ゾーニング)が必要。それがなければ、反対するのは当然。ルールが必要と発言。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

好間工業団地交差点付近で朝のごあいさつと宣伝行動

24日、好間工業団地で好間後援会の人たちと朝のごあいさつ、手を振ると車からも手を振って返してくれました。その後、内郷地域の宣伝と訪問活動。私は綴地区を24軒訪問対話しました。「年金が低く大変、税金は庶民からとらずにお金のある所からとればいい、消費税対策でレジは買えない、カード決済もできない、零細商店は見捨てられる」と。宣伝部隊は、綴秋山地域をハンドマイクで8ヵ所、宣伝カーは内郷駅前馬場公園など10ヵ所おこないました。またビラ折り、昼食の用意などそれぞれ持ち場でみなさん頑張りました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]