県議会は一般質問、神山悦子団長が県の姿勢質す

17日、今日から一般質問、日本共産党は神山悦子団長、3番目。神山さんは、知事に対し福島第一原発事故と廃炉作業について、県自ら事故原因の検証をおこなえと迫りました。「国が行うこと」という知事に再質問でも迫りましたが、国に求めていくと答えたものの、県自ら行うとは答弁しませんでした。イノベーション・コースト構想は地元の復興に役立たないため、見直しを求めました。ふくしま学力調査については中止を求め、中学段階で将来を左右しかねない県立高校改革における序列化・選別化の見直しを求めました。教育長は、学力向上のため、特色ある高校を作るためと今までの答弁を繰り返すのみでした。

傍聴者のみなさんと
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

吉田えいさく事務所開き、いわきの2議席を必ず!

16日、吉田えいさく事務所開きを開きました。雨にもかかわらず180人もの人たちに参加していただきました。内郷地区は、鈴木光男(県議)さん、高萩充(市議)さん、鈴木博(市議)さんを輩出しています。3人ともすでにお亡くなりになっていますが、故鈴木光男さんが初めて県議になってから40年。故長谷部淳さんから引き継いだ大事な議席を守り、宮川えみ子さんといわきの2つの県議を守るために全力を尽くします。

吉田選対本部長の坂本康一市議、溝口民子市議、いわき北部後援会会長伊東達也さん、高萩民雄元高野区長、全港湾佐々木書記長、小名浜地区労矢代議長、熊谷智いわき・双葉地区委員長からあいさつをいただきました。

いわき北部後援会長伊東達也さん
吉田選対本部長坂本康一市議

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

いわき市遠野地区住民が風車建設認めないよう県に申し入れ

12日、いわき市遠野地区の皆さんが「いわき市遠野町三大明神風力発電建設の撤回を求める」申し入れを行いました。遠野町下根本地区住民有志一同のみなさん。事業の取り消しと保安林の解除を行わないことを求めています。住民によれば、事業者から区に対して求められた同意書は、区長の勝手な判断であり区民の総意でなく、住民は建設に反対であることから事業認定の取り消しを求めています。1. 区長名の同意文書が有っても住民の多くは本風力発電計画に断固反対であることから 三大明神風力発電事業計画の事業認定を取り消すこと。2. 土砂災害の危険を増し水利用を中心とした生活環境に影響を及ぼす保安林の解除は決し て行わないことです。住民の知らないうちに区長は事業者に同意を与えたというもので、住民の有志がこれでは大変だという事で、署名を集めなおし持参したものです。署名は、下根本地区100世帯のうち80世帯・205人です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

原田環境相(当時)汚染水海洋放出発言に抗議、撤回と長期保管を申し入れる

12日、福島県に対して原田環境(当時)の汚染水を「放出して希釈する他に選択肢はない」との暴言に対して、抗議しタンク保管の継続を国と東電に求めるよう申し入れました。内閣改造のどさくさにまぎれた、安倍内閣の本音発言、許せません。汚染水は、敷地を拡張して長期保管すべきです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]