阿部裕美子県議が追加代表質問

27日、阿部裕美子県議が追加代表質問を行いました。阿部県議は、県が制定した福島商業町づくり推進条例にもとづき、大型店の進出抑制を継続し、歩いて暮らせるまちづくりを求めました。県は、6000㎡以上の大型小売店の郊外への進出を規制し、市街地の賑わいを守る今の「町づくり推進条例」を改定しようとしています。進出を計画しているのはイオン、地元伊達市では既存小売店の死活にかかわる問題です。県は、条例の趣旨をしっかり踏まえ、住民合意と地域、の利益第一に考えることが求められます。

質問する阿部裕美子県議と内堀知事
傍聴者のみなさんと
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]