いわき市鹿島町船戸地内の太陽光発電所建設予定地を視察

30日、いわき市鹿島町船戸地内に計画が進む、「いわき市鹿島町船戸太陽光発電」の建設予定地を所を地元に住むAさんの案内で視察しました。㈱ソーラークリーニングが事業者となり、船戸地内に事業面積105,776㎡、開発面積56,113㎡、計画出力約6メガワットの太陽光発電所です。2019年度の稼働を目指しているといいます。建設地は、両側を小高い山に囲まれ、降った雨が船戸側から矢田川に流れ込みます。地域の人たちの心配は、太陽光パネル設置のために森林の伐採と造成のために、降った雨が土地に保水せず流れ出し、住宅地の冠水だといいます。船戸地域は、隣の久保地域と合わせて水害の常習地域で矢田川にかかるポンプ場により、水害は免れています。口々に万全な水害対策の要望が出されました。

坂本康一市議と、後ろが建設地
建設地を望む
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]