第3回湯ノ岳の紅葉に抱かれ高野路マラニックに参加

11日、秋晴れの日、内郷まちづくり市民会議が主催する、新緑に包まれて高野路マラニックに参加しました。マラニックとは、マラソンとピクニックの造語だそうで、マラソン大会と違って、「ただひたすら走ったり、競争したり、ゴール時間を競ったりしません。時には歩いて、体操して、仲間と語り合い、景色を楽しみ、飲み物、食べ物を楽しみながら自然と親しむ」ことだそうです。

高野小学校に集合して、主催者あいさつやランニングの世界友の会の鈴木聡子先生からマラニックについてやストレッチ体操の指導を受け、7キロコース、12キロコースに分かれて出発しました。私はとうぜん7キロコース。途中、子安観音、庚申塔、道標などの説明を受けながら、給水地点を通りお持ちの店たんぽぽで休憩。高野花見山で休憩を取り、高野鉱泉入りの元湯のゴールまで、ここで温泉に入り昼食。歩くほどのスピードで走ることと休憩を取りながらで何とか完歩(?)ができました。実行委員のみなさんや参加者のみなさんにお世話になりました。体を動かすのには本当にすがすがしい1日でした。

集合場所の高野小学校で開会式
途中多目的集会所の給水所で休憩、いわきサンシャインウオーターをいただきました
高野地蔵院で休憩
おもちの店たんぽぽでは、とん汁とずんだもちでもてなしてくれました。
りっぱな銀杏の木が
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]