9月議会閉会、阿部議員が9条改憲中止、トリチウム水処理、種子法復活に賛成で討論

3日、9月県議会は最終日、阿部議員が共産党県議団を代表して討論に立ちました。港湾整備事業特別会計補正予算は、小名浜港東港地区の石炭火発(1GCC)を見込んでの石炭荷役設備に関するものであることから反対。トリチウム汚染水では、県民の意見を最大限尊重しながら慎重に決定すること求める意見書、憲法9条の改正に反対する意見書、所得税法56条の廃止を求める意見書も賛成しました。わが党提出の憲法9条の改正に反対する意見書には立憲民主党、社民党の県議も賛成しました。

共産党県議団を代表し討論する阿部議員
憲法9条改正に反対する意見書に賛成で起立する共産党と他議員
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]