福島浮体式洋上風力発電視察

6日、共産党国会議員団の福島浮体式洋上風力発電の現地視察に参加しました。参加したのは、笠井亮衆院議員、山添拓参院議員、岩渕友参院議員など。台風21号の影響で波があれ、洋上風力へ向かう高速船(JCATONE)は大揺れ。洋上の風車への乗り移りはできませんでした。しかし風車をまじかで見ることができました。陸上の風力と違い人への影響や環境への影響も小さいことは確か。

接岸している高速船で就航。双胴船で安定性があり揺れが少ない。しかし台風通過後、揺れました。
船から沖合の風力システムを望む
浮体式洋上変電所(ふくしま絆)2013年11月運転開始
アドバンストスパー浮体風車(ふくしま浜風)2017年2月運転開始
コンパクトセミサブ浮体風車(ふくしま未来)2013年11月運転開始

この他Ⅴ字型セミサブ浮体風車(ふくしま新風)があります。写真の2基と合わせ3基の風車による本格的な実証研究が行われています。

左から笠井衆院議員、岩渕参院議員、吉田、山添参院議員

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

各種団体から様々な要望が、共産党要望聴取会

3日、共産党要望聴取会が開かれました。来年度県予算へ反映してほしいと様々な要望が出されました。この日は、林業会議、難病団体連絡協議会、県社会福祉協議会、公立夜間中学を作る会、農業会議、農業協同組合中央会、腎臓病協議会、学童クラブ連絡協議会、身体障がい者福祉協議会、聴覚障害者協会などのみなさん。まその他にも要望書を提出する団体など要望は多種多様です。要望実現のために力を尽くします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]