総務委員会県外調査3日目は宮崎県議会で火山風評被害払拭対策

22日、県外調査3日目は宮崎県議会で火山風評払拭対策について。霧島連山は、宮崎から鹿児島にかけて連なる日本有数の火山。新燃岳やえびの高原では活発な火山活動が続いています。火山は大事な観光資源ですが、一旦噴火を起こせば地域への被害は甚大です。改めて実感しました。火山との共生が大きな課題ですが、住民の安全対策と風評対策は正確な情報発信が前提居なります。十分注意をしつつも過度に恐れないことが大事です。

宮崎県庁前で
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]