訪問対話と、全港湾第50回定期大会

10日、共産党好間支部が行ったアンケートに返事を返してくれた方をHさんと訪問し対話しました。上好間地内のKさん宅では、井戸が枯れて毎日1キロほど離れた水道から生活用水を汲んでいます。水道敷設の強い要望を受けました。

夕方からは、全港湾第50回定期大会に、熊谷地区委員長、宮川県議、坂本市議とともに参加。安倍政権の憲法9条改憲など独裁政治に反対し民主主義を守る組合の政治姿勢は立派です。また、港湾の荷揚げ作業への大手業者の参入を許さず、地元企業と組合を守ることは、いよいよ重要な課題になっています。

全港湾大会会場にて、右から坂本市議、吉田、宮川県議、熊谷地区委員長、社民党上壁市議
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]