福島県日韓議連で韓国訪問

7月9日から12日まで4日間、福島県日韓議員連盟として韓国を訪れました。初めての韓国です。韓国は、日本の国土の約4分の1で人口は約5000万人。戦後、韓国と北朝鮮に分断されましたが、今年3月、韓国と北朝鮮が首脳会談で合意したことで、南北、米朝首脳会談が開かれるなど大きな転換期を迎えています。韓国は近代化が進むもとで、「格差」が大きな問題といいます。10日から市内観光資源視察、南大門、統一展望台は北朝鮮を望むことができるところ。南北、米朝の種の会談が実現したころで、核ミサイル問題や朝鮮戦争の終戦、南北の統一など一歩一歩対話と国民合意のもとで進んでほしいと思います。11日は、済州島にわたり三姓穴、城山日出峰、城邑民俗村、万丈窟など。12日は帰途へ

光化門広場、像は、豊臣秀吉が朝鮮半島に攻め込んだ「文禄・慶長の役(1592~1598年)」における朝鮮側の将軍李舜臣(イ・スンシン)将軍銅像。

 

統一展望台。川を挟んで向こう側が北朝鮮

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です