宮本しづえ県議が代表質問、第二原発の廃炉表明が遅れたのは国と対峙しない県の姿勢が原因

25日、議会は代表質問。県民連合宗方保議員に続き共産党県議団を代表して宮本しづえ県議が質問しました。宮本県議は、知事に対して第二原発廃炉表明が遅れたのは、「国の原発政策に対峙してこなかったからではないか」と質したのに対し、知事は、様々な機会を通じ求めてきたと答えるのみでした。原発の苛酷事故をおこした福島県は、原発に頼らない社会づくりのスローガンの下、「原発ゼロ」を内外に発信する責務があるはずです。また宮本県議は、リアルタイム線量計を撤去すべきでない、除去土壌の再生利用を中止すべきと県の姿勢を質しました。

代表質問する宮本県議
傍聴者の皆さんと懇談
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]