生協総代会、安倍政権のもと社会保障切り捨て許さず、安心できる医療実現へ世論と運動を

17日、浜通り医療生活協同組合の第40回通常総代会が開かれ内郷・好間区の総代として参加しました。来賓あいさつで、共産党を代表して宮川えみ子県議があいさつしました。安倍政権のもと社会保障費の引き下げ、診療報酬の引き下げが行われ病院経営は大変と言います。患者さんが安心して治療を受けられる、病院職員が誇りをもって働き自身の生活をしっかり守る、そのためにもすべてが力を合わせることが大事で、なかま増やし(組合員拡大)がより一層大事になっています。私も討論で発言しました。誰でも安心して医療が受けれることが必要で、安倍政権の医療改悪に反対する世論と運動が大事と訴えました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]