政調会、6月県議会提出議案の趣旨説明

25日、政調会。6月県議会定例会を前に執行部が提出する補正予算や議案についての説明を受ける政調会が開かれました。総務部では、東電に対して事故による一般会計に係る損害賠償の請求で原子力損害賠償紛争解決センターへ(ADR)への調停の申し立ての議案を提出するとしています。しかし東電は、浪江町のADRに対して打ち切りを発表しています。県は、県民の利益のために東電に厳しく対峙しなければなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]