前川喜平前文科事務次官講演会

4日、前文部科学事務次官の前川喜平さんの講演会。「憲法と教育」と題して話しました。いわき市文化センター大ホールは満員、モニターを設置した4階の特設会場もいっぱい。前川さんは、役人でなくなり自由にモノが言えるようになったといい、安倍政権の国政私物化を告発します。また、憲法については、「アメリカの押し付けという人がいるが、アメリカの憲法より先進的、現実が憲法に追いついていない」といい、教育は自由な学問であり、多数決では決められないといいます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]