共産党福島県議団が健康長寿およびエネルギー(再エネ・水素)関連県外調査

私たち日本共産党福島県議団は24日~26日の3日間、健康長寿および再エネや水素エネルギー関連の県外調査を行いました。

24日、私と宮川県議は、7時39分いわき発で東京へ、そして10時24分発の北陸新幹線で長野に向かいました。大宮駅で福島発のメンバーと合流。1日目は、長野県庁で長野県の健康長寿の取り組み、再生可能エネルギーの取り組みのお話を伺いました。世界一の健康長寿をめざす長野県は、Action、Ⅽheck、Eatの信州ACE(エース)プロジェクトを取り組んでいます。すなわち体を動かし、検診を受け、健康に食べる、減塩運動に取り組み脳卒中を減らしてきました。
次に自然エネルギー、省エネルギーは、環境では温室効果ガスの削減、経済では資金流出から域内投資へ、これが地域の活力と創造へとつながるとして取り組んでいます。そのため、中央主導ではなく地域主導でおこない、地域の合意(地域社会との関係、環境破壊の防止、ルール明確化)を大事なポイントとしています。

長野県庁で担当者の説明を受ける

25日(2日目)は、飯田市のエネルギー自治の推進について。リンゴ並木のエコハウスを見学し飯田市役所へ。飯田市は地域環境権(再エネ資源から生まれるエネルギーはを市民共有の財産と捉え、市民にはこれを優先的に活用して地域づくりをする権利)を明確にして地域公共再生エネルギー活用事業をすすめています。

飯田市エコハウス前で

26日(3日目)日本共産党東京都議団との懇談。曽根団長、大山幹事長、河野議員、原田議員が対応してくれ、水素社会めざす東京都の取り組みでの意見交換。その後、東京都環境局地球環境エネルギー課から水素社会めざす東京都の取り組みを伺いました。

東京駅前
帰りの新幹線から見た富士山
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

復興のつどい、夏井後援会の花見、九条改正絶対反対講演会

22日、第2回浜通り復興のつどいが楢葉町コニュニティーセンターで開かれ、地域住民のみなさん原発・除染労働者のみなさんの交流が行われました。いわきや長野、東京からの支援のみなさんが生活相談や労働相談、太鼓、歌声などを繰り広げました。

広場で練習するならは天神太鼓のみなさん

夏井方部日本共産党後援会の花見に参加しました。こう梅さんの庭でバーベキュー、とん汁、焼きそばなど料理が盛りだくさんの花見です。天気が良く最高の花見(花よりだんご)日和です。

バーベキュー、とん汁などをいただきました

勿来9条の会10周年記念講演会は160人を超える人が集まりました。いわき雑魚塾のコンサートに続き、東大名誉教授米倉明先生の「九条改正絶対反対ー絶対的平和主義の堅持」と題した講演会。米倉先生の話は明快。「文書隠ぺい、改ざんの安倍政権の憲法改正は信用できない」「自民党の憲法改正案の自衛隊を加えるということは、軍事優先国家に道を開くことになる」、憲法改正は絶対反対。

講演する米倉明先生
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

津波被害を受けた豊間中学校の落成記念式典

21日、豊間中学校落成記念式典に出席しました。豊間中は、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた学校。津波被害でボロボロになったピアノを修復して蘇らせた「奇跡のピアノ」が有名。記念式典終了後、中学生による筝曲部の演奏やよさこいソーランの演技が披露されました。

新築された豊間中学校校舎

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

田村市議選応援、「しんぶん赤旗」カーで訴える

19日、内郷のTさんとともに田村市議選応援に行きました。現地では、「しんぶん赤旗」カーに乗り、党の政策と赤旗の宣伝を行いました。田村市は、財政危機と言いながら住民サービスをカットする可能性があり、こうしたやり方に歯止めをかけるためにも党への支援と赤旗の購読を訴えました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

原発再稼働は許せない、つどい参加者の率直な思い

18日、共産党宮・高野支部でつどい。内郷宮沢団地集会所で開きました。溝口民子市議が市政報告、私が県政報告をして懇談しました。小規模なつどいながら、富岡からの避難者の方が参加してくれました。この方は、何度も避難を繰り返し、原発再稼働はもちろん、原発推進は許せないと率直な思いを語ってくれました。支部では、ご近所に200枚のチラシをまき、会場近くの党員が参加者を呼びかけてくれました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

3000万署名もち宣伝行動

17日、いわき市平東部支部の人たち、そして前いわき市議の高橋明子さんと市内6か所で宣伝行動を行いました。あわせてチラシ配布と3000万署名も行いました。宣伝中に手を振ってくれる人や車からクラクションを鳴らす人など、あたたかい反応がたくさんありました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

小名浜つどいと内郷宣伝行動

15日、小名浜事務所で「つどい」が行われ、7人が参加し懇談しました。議員は私と坂本康一市議、私は県政を中心に、坂本市議は市政を中心に報告し懇談しました。遠野地区に集中立地の計画の風車問題で参加者の一人は、「実家近くにある大型の送電線が風に揺れるたびに音を発し日常生活に支障をきたしていた」と風車への不安を話しました。また自動車免許返納後の足の確保についての心配は、参加者全員が口にしていました。

午後は、内郷の支部、後援会のみなさんと街頭宣伝。7か所で米英仏によるシリアへの軍事攻撃や国政私物化の安倍内閣の退陣を訴えました。軍事行動は市民の犠牲を増やすだけで問題の解決になりません。国際社会による事実の確認もなく、国連の合意のないものであり厳しく抗議するとともに、軍事行動は情勢を一層悪化させることになり、外交努力を強めることこそ求められます。

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2018/04/post-781.html

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

常磐お花見、中野晃一後援会、そして街頭宣伝

14日、日本共産党常磐方部後援会の花見が常磐事務所で開かれました。会場は湯ノ岳丸山公園でしたが、暴風雨との予報のため事前に会場を事務所に移しました。会場いっぱいの参加者です。豚汁や焼きそば、みそ田楽に舌鼓を打ちました。

宮川えみ子県議とお花見会場で

午後は、ミナセン浜通り主催の講演会。中野晃一上智大教授は「安倍改憲を止める市民と野党の共闘」と題しての話は、引き込まれるほど面白く、勇気と展望のわく話でした。それにしても安倍首相の国民も国会も民主主義も愚弄し蹂躙するやり方は許せない。

講演会パンフから引用させてもらいました

講演会後、熊谷智地区委員長と上荒川、谷川瀬のスーパー前で街頭宣伝。安倍内閣の退陣を訴えました。

いわき市平谷川瀬のスーパー前で
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

教員組合、生医療協、全港湾など訪問し懇談

13日、団体訪問を行いました。熊谷地区委員長、宮川えみ子県議、私の3人。教員組合いわき支部では遠藤書記長が教員の長時間労働や小学校でも英語が導入されれば、子どもにも教員にもゆとりがなくなることが心配と。新婦人いわき支部では、阿部事務局長、学校給食費無料や母子世帯の親の医療費窓口無料化の実現など。医療生協では長谷部専務と国井事務長。全港湾では、役員の方々と懇談。海員組合も訪問させていただきました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

3000万署名と宣伝行動、一軒一軒訪問し9条改悪反対訴える

11日、郷ヶ丘地域で宣伝と署名行動。地元の支部のみなさんと坂本康一市議。坂本市議が宣伝する中、組をつくり署名行動、私はTさんと読者拡大。地元の支部のみなさんは、3000万署名をコツコツと戸別訪問して集めています。この奮闘にあたまが下がります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]