いわき駅前で9条守れ、共産党、社民党、いわき市労連、平和フォーラムが共闘で宣伝と署名行動

3日、いわき駅前で平和フォーラム、いわき市労連、社民党、日本共産党合同の街頭宣伝と署名行動が行われました。3000万人署名と原発ゼロを求める署名を持ち寄り市民に訴えました。野党共闘が選挙はもちろん、9条や原発問題でも一致した行動を行うまでに前進しています。いわきは、労働組合が先行して共闘した憲法改悪反対集会を開いてきていました。この流れをさらに強く大きくしていくことが必要です。宣伝行動には、各団体から多くの人とともに、坂本康一市議、渡辺博之市議(ともに共産党)、狩野光昭市議(社民党)、私県議の吉田英策が参加しました。

左からマイクで訴える坂本康一共産党市議、狩野光昭社民党市議、私
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

阿部裕美子議員一般質問、子育て支援を訴える

2日、阿部裕美子議員の一般質問。イノベーション・コースト降構想関連に700億円を使う一方で、子育て支援の地域包括支援に2200万円、これでは子育て支援・少子化対策は進まないと厳しく指摘しました。高校の暖房代は出すが冷房代は出さないという冷たい矛盾に満ちた教育庁の答弁。日本一子育てしやすいい県を目指すといいながら、実際は子どもたちに冷たい県政です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

県立高校卒業式、新たな門出に祝福

1日、県立高校の操業式。県内全日制82校と定時制6校は卒業式を行い、13,781人が卒業しました。私は、地元いわき市内郷の県立いわき総合高等学校の卒業式に参加させてもらい、県議会議長祝辞を代読しました。いわき総合高校の今年の卒業生は、男子78人、女子183人、合計で261人。式の最後に「○○先生ありがとうございました」とクラス全員であいさつする光景もあり、涙ぐむ生徒もあり、何ともほほえましい光景です。子どもたちの未来に祝福あれと祈りました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

宮本しづえ議員、追加代表質問

28日、宮本しづえ議員の追加代表質問。原発避難者の約8割が故郷に帰還できていないと新潟県が調査結果を発表したことに対して、本来は福島県民のことなので福島県が行うべきこと、原子力事故の検証や県民生活の影響等福島県独自に行うべきと知事等に質問しました。県民の健康づくり、国保事業、子育てと若者支援、賠償、再生エネルギー、只見川の水害防止、NECプラットホーム福島事業所統廃合、企業立地による多額の累積欠損など質問しました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]