特別支援学校の早期実現に向けた申し入れ

29日、二本松地域の特別支援学校保護者や関係者の方々と県教委に申し入れを行いました。県教委が昨年12月議会で、伊達、二本松、南会津の特別支援学校の整備計画を発表しました。住民の方々の運動が実ったものです。その後、新聞報道で二本松の学校建設は、10年以内と、他よりも遅れるかのような報道があったのに対して、早期の実現を要望したものです。対応した特別支援教育課課長は、「建設地の問題はあるが、3校とも同時期に実現したい」との回答がありました。特別支援学校への遠距離通学は子どもや親にとっても大変な負担です。身近な学校の建設が望まれています。

特別支援教育課課長に要望書を手渡す会代表

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

いわき北部後援会小名浜後援会の新春のつどい

28日、いわき北部後援会の新春のつどい。毎年いろいろな趣向を凝らし楽しい集いになっています。今回は田村智子副委員長(参議院議員)を招いてのつどいです。また、民進党の古市三久県議が参加してくれ、あいさつをいただきました。つどいは、歌や踊り、「ひばりちゃん」が美空ひばりの歌を披露しました。午後は小名浜の新春のつどいに参加しました。

田村智子副委員長と
古市三久県議と
「ひばりちゃん」と
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

「つどい」と内郷地区保健委員会の新年会

1月26日下荒川支部の「つどい」に坂本康一市議と参加。地域問題を話し合うということで、歩道や道路の草刈りや免許返納後の足の確保など、様々な問題で話し合いました。

夜は内郷で内郷地域の保健委員会の新年会。地域の環境整備などで奮闘されている皆さんと懇談しました。あいさつでは、憲法25条を引き合いに「私たちは、健康で文化的な生活を営む権利を持ち」「国はそのために努力しなければならない」憲法を守っていきましょう。と話しました。

保健委員の皆さんと
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]