12月議会に向けた政調会開く

10日、12月議会に向けた政調会が開かれました。各部局が12月議会に提出する議案、補正予算、一般的事項の説明の場です。危機管理部の説明に北朝鮮のミサイル発射への対応として、万一着弾した場合県民の一時的避難場所として24の施設が公表されました。私は、こうした事態により県や県民が翻弄されることは良くなく、政府のきちんとした対応が求められます。

北朝鮮のミサイル発射は許すことができない蛮行であり、国際的な連携のもと制裁を加えると同時に対話、外交による解決すべきであり、戦争にだけはしてなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です