「自民党会派独占は認められない」県議会の民主的運営を求め自民会派に緊急申入れ

30日、臨時県議会。台風22号の通過で曇りと強風。共産党県議団は、この日の午前中、自民党県議会議員会に対して「県議会主要ポストの人事に関し、自民党会派独占は認められない 県議会の民主的運営を求める緊急申入れ」を行いました。

今日の臨時議会では、議会の任期後半の主要ポスト、議長、副議長、各常任委員会の正副議長などが決められます。報道では、これら主要ポストを自民党会派が独占するとされていますが、こうしたやり方は民主的な運営とは言えず、議長は第1会派から、副議長は第2会派から選出するというようにすべきです。別紙通り申し入れを行いました。

議会人事について自民党への申し入れ(クリックすると見れます)

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です