商労文教常任委員会審査一日目

28日、商労文教常任委員会の審査。企業局と商工労働部。企業局では、来年春の完成を目指す四倉工業団地2期区域の企業からの引き合いを尋ねました。現在再生エネルギー関係企業2社、輸送関係企業1社の3件の引き合いがあるとこと。

商工労働部の審査では、ふくしま産業復興企業立地補助金の不正利用で㈱ルキオが昨日、今日のニュースで10億8千万円の補助金をだまし取ったと報道があり、説明を求めました。補助金総額は18億円、その内県が不正と認め返還させた金額は5億7700万円、いま詐欺容疑で南相馬警察署が捜査を行う中で、10億8千万円を不正としています。県は、はっきりした時点で、その差額についても返還を求めると言います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です