高校統廃合問題で懇談、「地域に必要な学校残してほしい」と

23日、福島県塙役場を訪問し、高校統廃合問題で宮田町長、秦教育長のお話を伺い懇談しました。県教育委員が打ち出した、1学年3学級以下の高校の統廃合で、塙町の塙工業高校も対象になっています。町長は、高校が廃止となれば、地域に与える影響は大きいと話し、過疎化や工場の撤退も懸念される。高校存続のために町としてもできる限りのことはしたいと話していました。

引き続き、塙工業高校に伺い、佐藤校長、深沢教頭とも懇談しました。校長は、塙工業は地域が育て、就職率は100%、離職率も低く、教師が一丸となって教育に当たっている。小規模校ならではの教育と話していました。

懇談は、高縁光党塙町議、鈴木正一党県南地区委員長と一緒に行いました。

宮田塙町長との懇談
佐藤塙工業高校校長との懇談

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です