朝の街宣と東電会長の汚染水発言で知事申し入れ

18日、内郷の後援会の皆さんと朝の街宣を行いました。この日は朝から雨が降っていましたが、ちょうど陸橋の下が雨よけにもなり無事行えました。都議選結果、安倍政権の暴走政治、復興はくらし・生業の再生が第一、そして野党共闘で安倍政権を退陣に追い込もうと訴えました。後援会員の皆さんご苦労様でした。

街宣終了後、県庁に行き、知事への申し入れを行いました。東電の川村隆会長のトリチウム汚染水の海洋放出発言で厳重に抗議するとともに、県も抗議するよう知事に申し入れました。申し入れは、川村発言は断じて容認できず、東電に強く抗議すること。直ちに第2原発の廃炉を決断すること。小野危機管理部長が対応しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です