避難地域復興・創生対策特別委員会

3日、避難地域復興・創生対策特別委員会が行われました。今回で審議は「総括審議」となり実質的な審議を行う最後の機会。私は、来年3月で仮設・借り上げ住宅の供与が終了する楢葉町の戸別訪問の様子を質問しました。最後の一人まで寄り添う対応を求めました。また、避難地域の医療人材の確保、いわき市や南相馬市など近隣地域の医療提供体制への支援について質問しました。人材の確保は、医師は県立医大に依頼し、看護師の募集も行っているといいます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

相双民主商工会第27回定期総会

2日、相双民主商工会の第27回定期総会が福島市飯坂のホテル聚楽で開かれ、共産党県議団として、あいさつを行いました。
東日本大震災で甚大な被害を受け、6年が経過した今でも、会員の46%が避難生活を余儀なくされ、避難を解除された地域でも、満足な営業ができないでいます。
そうした中、県連を通した相双民商の東電請求は、3月末で3774件金額では、約147億円なり、約8割が賠償金をかつとっていると言います。たたかってこそ、賠償も勝ち取れ営業が守れるというものです。しかし個々の営業は大変であることは、はっきりしています。
私はあいさつで、安倍政権の平和も憲法を壊す暴走政治を、市民と野党の力で退陣させようと訴えました。また県政については、復興の中心を企業呼び込み型で水素ステーション、石炭火力発電所であるIGCCの推進を掲げています。地元企業の支援や被災者に寄り添う県政こそが求められると話しました。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

常任委員会審査2日目、企業局と商工労働部、観光交流局

30日、常任委員階の審査は、2日目になり、企業局と商工労働部、観光交流局。

企業局では、いま耐震工事でいわき市藤原川の河口で行われている水管橋の耐震化工事で仮設橋を作り一部川幅が狭くなる箇所があり、これからつゆに向かい、近隣には過去に水害地域を抱える場所があるため、安全面に配慮するよう求めました。

商工労働部、観光交流局の審査では、補正予算が計上されている環境・リサイクル関連産業推進事業について聞きました。事業可能性をさぐるもので、石炭灰、形態の希少金属のリサイクル、太陽光パネルのリサイクルについて調べると言います。今問題になっているアスベストは含まないのかと質したのに対し「含まない」との答えでした。

観光でも、温泉地や温泉旅館の復興のために力を尽くしてほしいと要望しました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]