国会会期延長許さず「共謀罪」は廃案に

11日、日本共産党いわき北部後援会の「共謀罪」反対の宣伝行動がいわき駅前で行われ、33人が参加しました。18日の国会会期末をにらみ、政府が会期延長や強行採決でめざそうとする緊迫した情勢のもと、駅前恒例になった、音の宣伝、ビラ、署名、スタンディングコール。コールはラップ調で太鼓の音楽付き。通りかかる高校生や若者が手を振ったり足を止めたりして聞いてくれました。廃案させるために最後の最後まで頑張ります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です