子どもの貧困問題を考えるシンポジウム

21日、日本共産党岩手県委員会、日本共産党国会議員団東北ブロック事務所主催の「子供の貧困を考えるシンポジウム」が盛岡市で開かれ、神山悦子県議団長とともに参加しました。6人に1人の子供が貧困というもとで解決は緊急の課題。ひとり親世帯の子供がが抱える課題解決なしに貧困の解決はないのも確か。非正規雇用、派遣労働をただし、保育所を増やすことや教育費の負担軽減など子どもが健やかに育つ環境を整えることが何より重要。

パネリストのメンバー。右端は日本共産党の高橋千鶴子衆院議員
フロアで発言する神山悦子県議団長
会場で記念撮影
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]