勿来9条の会講演会「いわきの炭鉱で働いた朝鮮人を訪ねて」

23日、勿来9条の会講演会。毎年定例の後援会を開いています。今年は龍田光司が長年調査、研究している、いわきの炭鉱で働いた朝鮮人労働者の実態について。半強制的に連れてこられ、過酷な炭鉱労働を押しつけ、待遇も劣悪なものでした。調査は、韓国まで出向き調べるという念の入れようです。こうした過去のおこないを明らかにしてこそ将来にわたり友好関係を築けるというものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です