いわき市選出県議といわき市との意見交換会と交通事故えん罪事件支援打ち合わせ

24日、いわき市選出の福島県議会議員といわき市の意見交換会が行われました。清水敏男いわき市長はじめ副市長、部長などいわき市の幹部職員。市からは、原子力災害への対応、復興を加速化させる産業振興、明るい元気ないわき市の発信などの説明を受け意見交換をしました。私は、イノベーションコースト構想は、大企業呼び込みにならず、市内の企業育成が必要なこと、石炭ガス化複合発電(IGCC)が環境や人体に及ぼす影響をどう考えているのかを質問しました。

またこの日、広田法律事務所で交通事故えん罪事件の支援の打ち合わせを行いました。国民救援会いわき支部が取り組む、えん罪支援です。A子さんが自動車を運転していると、自転車の脇に倒れた人を発見、通報によって駆け付けた警察官は、第1発見者のA子さんを、加害者として起訴したものです。当然A子さんは無罪を訴えています。5月4日に支援の学習会と集会を行います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です