いわき市は花見真っ盛り

15日、日本共産党平東部後援会の花見に坂本こういち市議と参加しました。いわき市平愛谷町の白土公園、桜がとてもきれいでした。

その後、常磐方部後援会の花見は湯の岳丸山公園。カラオケややっちき踊りなど溝口民子市議とともに楽しみました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

「ゆうきの里東和」ふるさとづくり協議会の多彩な地域おこし、日本農業のあるべき姿を垣間見る

13日、共産党県議団は、二本松市の「ゆうきの里東和」ふるさとづくり協議会が進めるふるさとづくりの取り組みを視察しました。まず、「ゆうきの里」づくり施設地域資源循環センター(有)ファインの堆肥づくり。循環型有機農業を目指す有志により平成15年に設立されました。菅野牧場を核として牛ふん、もみ殻、食品残さを活用した堆肥の生産し元気な地域づくりを応援しています。

バックに移っているのが堆肥をつくる施設

次に訪問したのは、ふくしま農家の夢ワイン株式会社。福島の農業の復興めざして、農家により設立されました。農家自ら原料生産から醸造、販売まで手かけ付加価値を高める6次産業化を実践しています。

次は、農家民宿「遊雲の里」。1年を通じて農業体験ツアーを組み里山と都市をつなぐ体験交流、春は田植え体験と山菜狩りツアー、夏はちまきつくりなど。農の価値、里山の恵み、地域の力、耕す福島を発信しています。

そして最後は、道の駅ふくしま東和でゆうきの里東和ふるさとづくり協議会の武藤一夫理事長から、とりくみ全体のお話を伺いました。青年団活動から気心の知れた仲間が集まり地域づくり、地域おこしを行う。日本農業のあるべき姿を聞いたような気がしました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]