馬場いさお浪江町議、二本松で第一声

13日、浪江町議選告示。馬場いさお町議は二本松市の石倉団地の復興住宅で第一声を行いました。原発事故から6年、まだ避難先での選挙です。県議団も神山悦子団長、宮川えみ子県議、私と3人で応援に駆け付けました。馬場さんは、一度は引退を決意したが避難している町民におされ、町民切り捨てを許さず、国、東電の責任を問いたいと立候補を決意したと訴えました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です