阿部裕美子県議が追加代表質問、中途失明者緊急生活訓練事業の充実やJR只見線の復旧支援について質す

27日、県議会は追加代表質問。日本共産党は阿部裕美子県議が質問に立ちました。阿部県議は中途失明者緊急生活訓練事業について視覚障害リハビリテーションワーカー(歩行訓練士)を本県で配置するよう求めました。またJR只見線の復旧では、公共交通機関としての責任、地元住民や県民の負担軽減のためにも黒字企業であるJR東日本へ応分の負担を求めるべきと訴えました。

追加代表質問をする阿部裕美子県議
傍聴者のみなさんとの懇談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です