宮川えみ子県議が党を代表して代表質問

23日、宮川えみ子県議は日本共産党を代表して議会で代表質問を行いました。6月議会は30分の質問で、知事に対しては、安倍政権の認識や原発事故について県独自に検証すべきと質問しました。また帰還を希望する避難者への移転費用の増額などについて県の考えを質しました。知事は事故の独自検証については、国の責任で調査するべきこととして独自調査に否定的考えを行いました。移転費用の補助で県は、制度の見直しは困難として県民の要望に背を向けました。

SONY DSC
質問する宮川えみ子県議
SONY DSC
傍聴者と懇談する県議団
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]